訪日中国人にとって、日本の「清潔さ」は驚きの対象のようだが、日本で清潔なのはトイレや道路などだけではない。街中を走る自動車も中国に比べると日本のほうが圧倒的に清潔なのだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人による手記を掲載し、「日本が清潔であるのは前から知っていたが、自動車までキレイだとは思わなかった」と伝えている。

 記事は、ショールームで展示されている自動車がキレイに磨き上げられ、ピカピカと光っていることは当然であり、何ら不思議なことではないと指摘する一方、「日本は街中を走る車まで非常にキレイだった」と紹介。日本滞在中に撮影した複数の写真を掲載しつつ、日本では一般の自動車はもちろん、消防車や廃品回収車、ゴミ回収車もキレイだったと驚きを示した。

 さらに、泥などで汚れることなく、非常にきれいな状態の自動車のタイヤの写真を掲載し、「中国国内の車とは違いすぎる」と主張したほか、日本では工事現場で使用される各種車両まで清潔であったことは非常に驚いたと伝えている。

 中国は大気汚染や黄砂の影響によって常にホコリっぽく、車を外に駐車しているだけで塵が積もって汚れるというのはごく当たり前だ。そのため、この中国人が日本で自動車のキレイさに驚いたのも無理はないと言えよう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)