毎月多くの中国人旅行客が日本を訪れているが、初めて訪日した中国人が驚くことの1つに「日本の清潔さ」が挙げられる。日本は街中に公共のゴミ箱が設置されていないにもかかわらず、道にゴミが殆ど落ちていないのは中国人にとっては衝撃の光景のようだ。

 逆に、初めて中国を訪れた日本人は、ゴミが普通に落ちていたり、人びとが道ばたに痰を吐き捨てたりする光景に驚くだろう。中国ではまだゴミのポイ捨てが一般的に見られるため、街では清掃員が1日中掃除を行っている。

 日本と中国の街や公共の場所における「清潔さ」の圧倒的な差は、中国人からすれば何が理由で生じるのか不思議に思うようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本はなぜ清潔なのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 記事に寄せられたコメントを見てみると、もっとも多くの賛同を得ていた意見は「日本が清潔な国であるというのは、中国人にとっての共通認識」だというもので、そのうえで「日本が清潔なのは、日本ではゴミを捨てたい時に捨てられるものではないからだ」と指摘、ゴミを捨てることに対するルールや法律が定められていることが大きな要因との声だった。

 また、「日本は海洋性気候で埃っぽくないうえに、日本人はそもそもきれい好きだ。また、日本人はルールを守る民族で自律心もあるから日本は清潔なのではないだろうか」、「幼少のころの教育が日本の清潔さをもたらしている」といったコメントもあった。

 記事には非常に多くのコメントが寄せられているが、共通していたのは「日本の清潔さはもはや国家イメージであり、中国人にとっての観光資源」であるとの意見であり、中国も日本を見習うべきという意見だったが、その一方で「中国は人が多すぎて管理しきれず、日本のような清潔さを実現するのは無理」という声もあった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)