ソニーが2日に発表した2017年3月期の連結営業利益予測のなかで、スマートフォンの通期販売計画を昨年11月時点の1700万台から1500万台へと下方修正したことが伝えられた。これに関連して中国メディア・今日頭条は4日、「華為や小米にチャンスが来た 日本の携帯電話は徹底的に衰退した」とする記事を掲載した。

 記事は、日本はこれまで多くの産業において世界的に多きな影響力を持ってきたとする一方・・・・

続きを読む