中国製品といえば「安かろう悪かろう」の代名詞として扱われてきたが、近年は中国製品の質の向上が見られ、世界に通用する製品を作る企業も登場している。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の製造業は「質」の向上に取り組み始めたとし、一定の成果を挙げる企業が増えつつあるとしながらも、世界に通用する「ブランド」はまだ輩出できていないと指摘、ブランド構築においては日韓に学ぶべきであると伝えている・・・・

続きを読む