「燃える氷」とも呼ばれるメタンハイドレートは、深海堆積物あるいは陸地の永久凍土に分布している。メタン分子が水分子の中に包み込まれており、低温と高圧で結晶化した氷状の物質だ。化石燃料に代わるエネルギーとして注目を集めるメタンハイドレートだが、効率よく採取するための課題は多い。

 中国メディアの新華社はこのほど、中国の吉林大学が10年以上にわたる研究のすえにメタンハイドレートを「まったく新し・・・・

続きを読む