2016年のノーベル医学生理学賞を東京工業大栄誉教授の大隅良典氏が受賞し、日本人のノーベル賞受賞者数は25人となった。また、日本は2000年代に入ってからすでに17人のノーベル賞受賞者を輩出している。

 中国メディアの澎湃新聞はこのほど、日本人が毎年のようにノーベル賞を受賞している事実は、中国で多くの論争を呼んだと伝え、「国土の狭い日本はなぜ、これほど多くのノーベル賞受賞者を輩出できるの・・・・

続きを読む