中国では冬になると大気汚染が深刻化するが、これは暖気(ノワンチー)と呼ばれる集中暖房システムのために石炭ボイラーを稼働させることが大きな要因の1つだ。北京市では大気中のPM2.5の濃度が高止まりしており、気持ち良い青空などとても期待できない状況になっている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本もかつては高度経済成長の代償として大気汚染をはじめとするさまざまな公害に苦しんだことを紹介・・・・

続きを読む