日本と中国はアジアにおける高速鉄道プロジェクトをめぐって競い合う関係だが、中国メディアの中国新聞網はこのほど、日本の鉄道技術がインド市場を狙っているとして、その動きに警戒感を示す記事を掲載した。

 記事は、インドは鉄道路線の総延長距離が6万3000キロメートルを超える世界第4位の鉄道大国であると紹介し、日本企業は今まさにこの市場における新しいビジネスチャンスを虎視眈々と狙っていると説明。・・・・

続きを読む