中国人が「到底真似できない」と感じる日本人の長所にはどのようなものがあるだろうか。中国メディアの快報はこのほど、どんなときでも自発的に列を作り、誰も列に割り込もうとしない日本人の習慣を絶賛する記事を掲載した。

 記事は、日本と中国の関係が改善に向かっている今日、多くの中国人が日本旅行を楽しむようになっていると説明。そして、旅行で日本を訪れた中国人は誰もが「日本人の民度は本当に高い」という印象を受けるものだと伝えた。

 続けて、多くの中国人の目に「日本人の民度が高い」と映る理由について、「日本ではどこでも人びとが列を作って並ぶ光景を見ることができ、誰一人として列に割り込む人がいない」という点にあると説明。日本人が列を作って並ぶ習慣は「彼らの骨の髄にまで浸透している」として、人がどれほど多くても必ず列に並ぶと絶賛。これは幼いころから育成された習慣であると指摘し、日本人には中国人が学ぶに値するとても多くの素晴らしい特質があると称賛した。

 記事はこうした絶賛とともに、日本人がどんな場面でも非常に長い列を作って並ぶ様子が映し出された何枚かの写真を掲載している。こうした写真から伝わるのは、列を作って並ぶ日本人の穏やかさな顔だ。どれだけ人が多くても、中国で往々にして見られるような押し合いへし合いはなく、列に並ぶ1人1人の間に適度なスペースが存在しているが、誰も割り込みなどしない。

 中国に列を作って並ぶ習慣がまったくないわけではないが、それでも他人に割り込まれないよう前後の人が密着して並ぶ光景を見かけることもある。このような中国からすれば、日本社会には誰もがルールを守るという信頼関係がもたらす心地良さがあるといえるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)