日本を訪れる中国人旅行客の行動が「買い物一辺倒」から「食事」や「温泉」を楽しむことへと変化しつつあるなか、中国人旅行客の「日本を訪れたらすべきこと」の1つに、ラーメンを食べることも挙げられるようになった。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国人にとって「日本を訪れたからには、熱々のラーメンを食べない訳にはいかない」と伝えつつ、日本でラーメンを食べる際のマナーについて紹介する記事を掲載した。

 日本人がラーメンなどの麺類を食べる時に啜って食べることが外国人旅行客からすれば「不快」に見えるとして、「ヌードル・ハラスメント(ヌーハラ)」という言葉が話題となったが、記事も「日本人といえば礼儀正しいイメージがあるとしながらも、ラーメンを食べるときには啜って食べるのが一般的」と紹介。

 普段は礼儀正しい日本人も、ラーメンを目の前にすると「ズルズルと音を立てて、ちょっと下品に見える」と指摘、その変わりように驚くかも知れないとしつつも、日本ではごく当たり前のことであると論じた。

 一方、日本では寿司や懐石料理に比べてラーメンは特に厳格に定められた食べ方はないとしつつも、日本人はまず麺の前にスープを何口か楽しみ、それから箸を使って麺を食べ始める人が多いようだと紹介。また、日本のラーメンは時間が経つと麺が伸びてしまうため、すぐに食べるのが「もっとも美味しい」と紹介した。

 近年、中国にも日本のラーメン店が進出しているが、これは中国で日本のラーメンが人気であることを示す事例と言える。日本で「本場の日式ラーメンを食べたい」という中国人が増えると同時に、日本のラーメン店で中国人客を見かける機会も増えていきそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)