反日感情が根強く存在する中国だが、反日感情とは違った感情も抱いているようだ。中国のネット上では日本に関する報道は非常に多く、良い意味でも悪い意味でも中国人の日本に対する関心は高いと言える。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国のQ&Aサイト「知乎」では日本の話題を注目しているネットユーザーの数は諸外国を大きく上回っており、何と中国の話題に注目しているユーザーすら上回っていることを伝えている。

 記事は、中国人が日本に対して強い関心を抱いているのは事実であると伝えつつ、その理由は「日本は中国人にとって恨みのある国であると同時に、嫉妬を感じさせる国だから」ではないかと主張。

 恨みとは日本と中国の歴史問題による恨みであり、嫉妬とは「工業製品やアニメ、芸術、高い民度、真面目な民族性」など、日本には中国や中国人にはない優れた特質や技術があることが理由であると主張。人口や天然資源、国土の面積で米中に圧倒的に劣っていながら、日本を世界有数の先進国に成長させた日本人は「世界的に見ても優れた民族であることは否定できない」と主張した。

 さらに記事は、「海で隔てられているが隣国同士であること」、「アジアにありながら西側の国であること」、さらに「古代中国に学ぶ生徒でありながらも、師である中国を侵略した国であること」などの要素も中国人が日本に強い関心を抱く理由ではないかと考察している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)