日本において、住居やオフィスで電気関係の問題が発生した場合、電気工事の専門家を呼ぶ。そして水回りでトラブルが発生したら、水道管工事の専門家を呼ぶ。それぞれ別々の修理工を呼ぶのが当たり前だが、中国には両方やってしまう「水電工」と呼ばれる人たちがいる。

 中国メディア・今日頭条は23日、「どうして日本には『水電工』がいないのに、中国では水も電気も同じ人が扱うのか」とする記事を掲載した。記事は、中国国内では「水電工」が常態化しているとする一方、日本では「電気工事は電気工が、水道管は配管工がやる」と紹介した。

 そして、日本の「電気工事法」では全国で統一された試験の合格証・・・・

続きを読む