日本ではマンションでも戸建住宅でもお風呂があることが一般的と言えるだろう。そして、お風呂には浴槽があり、毎日お風呂に入るという人も少なくないはずだ。

 一方、中国の一般的なマンションでは浴槽がない場合が多いため、入浴ではなく、シャワーで済ませるという中国人は多い。日本人は世界的に見ても入浴を好む国民だと言えるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「シャワーで済ます中国人からすると、日本人の風呂好きはなかなか理解できない」と伝える記事を掲載した。

 記事は、浴槽は浴室において大きな面積を占有することになるうえ、掃除も大変だと指摘し、中国人はあまり自宅に浴槽を設置したがらないと紹介。そのため、日本の浴室には優れた機能があることをほとんど知らないと伝え、日本の浴室は中国の浴室と大きく異なると紹介した。

 続けて、日本では単身者向けマンションなどを除き、トイレと浴室が分かれていることが一般的だと紹介し、さらに浴槽には「風呂ふた」があり、お湯の温度が冷めないよう工夫されていると伝えた。

 中国の場合は浴槽がない家庭が多いため、当然風呂ふたの存在を知らない人も多い。また、中国はトイレと浴室が一体となっていることが多く、さらに浴室といってもトイレの部屋内にシャワーユニットを設置してあるというケースも少なくない。浴槽がある日本では逆にシャワーユニットを見たことがないという人のほうが多いだろう。

 また記事は、日本のお風呂には「追い焚き」や「温度調整」など、さまざまな機能があり、すべて自動で管理できると紹介。さらに浴室の乾燥機能や暖房機能などもあるため、浴室内に洗濯物を干して乾かすこともできると紹介し、こうした便利で快適な存在は、自宅でお風呂に入る文化が浸透していない中国人にとってはまさに未知のものであると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)