宇宙航空研究開発機構(JAXA)が15日、世界最小級ロケット「SS-520 4号機」を打ち上げたが、「飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなった」として第2段モータの点火を中止した。

 打ち上げは失敗に終わったものの、中国メディアの参考消息は17日、「日本の世界最小級ロケットの打ち上げは最終的に失敗したものの、日本のロケット関連技術はすでに成熟しているというのが業界の見方である」と・・・・

続きを読む