日本独特の文化は企業経営のなかにも存在しているようだ。中国メディアの好奇心日報は16日、家族による継承を重んじる日本企業の姿勢が養子文化の流行を招いたと論じる記事を掲載した。

 記事は、日本には毎年8万件を超える養子縁組の手続きが行われており、これは世界でトップレベルの件数であると説明。この件数の98%は年齢が20歳から30歳の間にある「成年男子」であり、また、こうした養子を迎え入れる側・・・・

続きを読む