1月16日は、1945年の終戦後も29年間にわたりフィリピンのルバング島でゲリラ戦を展開して74年に帰国、2014年に91歳で亡くなった小野田寛郎氏の命日だ。中国メディア・今日頭条は同日、「最も敬服させられる日本兵」として同氏について紹介する記事を掲載した。

 記事は、1945年の終戦時、多くの日本兵が「強い日本が負けるはずがない」と敗戦の事実を信じなかったと紹介。そのうちの1人が小野田・・・・

続きを読む