少子高齢化は日本にとって真剣に取り組まなければならない重大な問題の1つと言えるが、中国メディアの快報は11日、高齢化によって日本経済は間もなくさらなる危機を迎えると論じる記事を掲載した。

 記事は、1980年代から1990年代にかけての日本は、「文明的」かつ「最先端」の代名詞だったと説明。日本は天然資源に乏しいため、「他の国より努力する」という道しか選択のしようがなかったと説明。つまり、・・・・

続きを読む