現在日本国内で営業している最長の夜行高速バスは、東京・新宿と、福岡・博多を結ぶ西鉄バスの「はかた号」で、その距離は約1100キロメートル、所要時間は約14時間20分に及ぶ。長距離夜行バスは、複数の運転手が乗車して途中で交代しながら乗客を安全に目的地まで運ぶ。そこで欠かせないのが、運転手が仮眠をするスペースだ。

 中国メディア・今日頭条は14日、「日本の路線バス運転手はみんなこうやって眠っ・・・・

続きを読む