日本の小学校で子どもたちに給食が提供されるのが一般的だ。学校給食法では、学校給食は「児童及び生徒の心身の健全な発達に資するもの」かつ、「児童及び生徒の食に関する正しい理解と適切な判断力を養う上で重要な役割を果たすもの」とされており、適切な栄養の摂取のみならず、明るい社交性及び協同の精神を養うことなども給食の目的とされている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む