近年、長いタイトルの書籍が数多く出版されている。特にライトノベルの分野では、もはや1つの文と言ったほうがよさそうな長いタイトルの本が次から次へと出てくる。その流れはテレビドラマにも波及している感があるが、日本のサブカルチャーを愛する中国人は少々困惑しているようだ。

 中国メディア・今日頭条は12日、「ライトノベルのタイトルをもっと長くする気じゃないだろうな、と翻訳者が怒っている」とする記・・・・

続きを読む