日本を訪れた中国人が驚くことの1つに、公共の場における秩序が挙げられる。日本では公共の場所で騒いだり、喧嘩をする人は非常に少なく、「多くの日本人が公徳心を持って公共の秩序を維持している」と高く称賛する声は多い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、公共の場所で口げんかをしたり、大騒ぎしたりする日本人はほとんどいないと伝え、その理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、日本人は公共の秩序を守り、自発的に列に並び、お互いにぶつかってしまったら頭を下げて互いに詫びると指摘。一方、中国国内では互いにぶつかっただけで他人の目を気にせずに喧嘩を始めると伝え、「この差は一体何なのか」と疑問を投げかけた。

 続けて、日本人の民度が高いのは確かだとしながらも、「何があっても他人と喧嘩しないほど民度が高いわけではないだろう」と主張。また、日本の秩序は「厳格な法律があってこそ」という見方もあるとしながらも、日本の街中で警察官の姿をほとんど見ないのは「日本の秩序は法によって成り立っているわけではないことを示す」と指摘し、それでも日本社会に秩序があるのは「世論や世間による圧力」のためではないかと考察した。

 また記事は、現在の中国での農村部において「隣人との関係」を重視する風潮があると伝え、隣人や村人との関係が悪くなると軽蔑されたり、蔑まれたりすると主張、そのため、人付き合いで妥協が必要になると論じた。

 公共の場所で口げんかをしたり、大騒ぎしたりする日本人がほとんどいないのは、中国の農村部で見られる世間の圧力が「日本の国全体」に存在するためではないかと考察。日本人はそれに「息苦しさ」を感じているものの、世間の圧力があるからこそ外国人からは「日本人は礼儀正しく、日本社会には秩序がある」ように見えるのではないかと考察した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)