中国自動車市場における日系車の販売が好調だ。反日感情が残る中国においても、日系車の品質の高さは広く認められており、歴史問題などから日本にわだかまりを感じていても、日系車のクオリティは認めざるを得ないという声は少なくない。

 中国メディアの今日頭条は8日付で、「日系車のクオリティが高いのはなぜか?」というテーマについて論じており、記事を読み終わればその理由に納得できるだろうと読者に訴えかけている。

 最初に記事は、日系車のクオリティは世界トップレベルであることは、すべての中国人が知っていると説明、日系車は故障やメンテナンスでの気苦労はほかの車に比べて圧倒的に少ないと指摘し、「日系車は中国で本当によく売れている」と伝えた。

 では、日系車のクオリティが高いのはなぜだろうか。記事はこの理由の1つとして、「日本人は何事においても妥協をせず、すでに十分優れているものにに対して更に磨きをかけようとする」と絶賛。従って日本人は自動車製造の現場では常に厳格な検査を行い、もし不合格であれば無条件で新たに製造し直すと説明、それゆえに故障が少ないと指摘した。
 
 さらに記事は、日系車は中国車のように頻繁に部品交換をする必要が生じないとし、その理由について、日本の自動車メーカーは部品メーカーの製品が長期間にわたって行われたテストの結果、本当に信頼できることを確認して初めて、そのメーカーをパートナーとして選ぶと指摘。また、他国の自動車メーカーのように部品メーカーを頻繁に替えないことも、日系車の信頼性が安定している理由だと説明した。

 この記事に寄せられた中国ネットユーザーのコメントも日系車のクオリティの高さを絶賛するものが多く、なかには日系車を10年運転したが何の問題も生じず、バッテリーやライトすら一度も交換していないと説明する意見があった。また、「日系車のクオリティは一流だ!」と絶賛するコメントも多く見られ、こうしたコメントからは、中国人オーナーたちが日系車のクオリティの高さを確かに認めていることを感じさせる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)