安価で低品質な製品を大量生産するというイメージからの脱却を目指している中国の製造業。この話題が出た際しばしば例に持ちだされるのが「ボールペン」だ。「ロケットは作れるのに、どうしてボールペンのペン先は作れないのだ」というのが、中国の製造業の現状を嘆く「お約束」の1つとなっていた。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む