韓国釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことに対し、日本政府は長嶺安政・駐韓大使を一時帰国させる決定を下したほか、日韓通貨スワップ協定の協議を中断することを決めた。

 中国では日本側の措置に対し、「尋常ではなく強硬な対抗措置である」という見方が多いが、中国メディアの西安網は8日、「日本側が厳しすぎる対抗措置を打ち出したのは、慰安婦像が後ろめたさを感じさせる存在だからだ」と主張した。・・・・

続きを読む