中国では知的財産権を侵害している商品が街中で普通に販売されているうえ、北京には海賊品を販売している店舗が数多く集まった場所があり、観光地にすらなっている。

 一方、日本では海賊品やコピー商品が一般的に流通することは殆どない。中国と異なり、街中で堂々と海賊品やコピー商品を販売する店を見かけることは、まずないだろう。中国メディアの今日頭条は6日、「日本で海賊品やコピー商品が流通していない理由が分かった」と伝える記事を掲載した。

 記事はまず、日本は海賊品やコピー商品に対して厳しい取り締まりを行っていると伝えつつ、名古屋在住の中国人が米アップルの知的財産権を侵害したコピ・・・・

続きを読む