市街地をドライブしていたりすると、しばしば警察の白バイに遭遇する。赤色灯をつけて急加速し違反車両を追う様子には、何の違反をしていないにも拘わらず自分まで「ドキッ」としてしまう。道路交通の秩序と安全を守る白バイ警官になるためには、卓越したドライビング技術が求められ、厳しい訓練が課される。白バイが格好良さと同時に帯びている「恐ろしさ」は、その高い技術からも醸しだされているのだろう。(イメージ写真提供:(C)PaylessImages/123RF)

続きを読む