訪日外国人観光客の増加、中でも中国からやってくる旅行者が、日本において大量に商品を購買する「爆買い」は一巡したといわれる。「モノ」から「コト」へと消費の形態も変化しつつあるといわれるものの、日本の小売業界にとっては、春節(旧正月)期間中に1千億円以上の買い物をしてくれた「爆買い」の復活は、根強い期待があるだろう。(写真は、銀聯国際のリリース資料より。消費税8%の免税に加え、割引で購入できることを示すクーポン)

続きを読む