日本では警官が自転車に乗っている姿を見かけることが多い。車でパトロールをする場合もあるが、交番勤務の警察官は自転車でパトロールするケースも多いようだが、「警官が自転車に乗る」というのは中国人からすればかなり異様に見えるようだ。

 記事は、日本で撮影された動画とともに、「日本では警官が自転車に乗ってパトロールしている」と驚きとともに伝え、「なぜ日本の警官は自転車に乗るのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 動画では、「日本では颯爽と自転車に乗って移動する警官をどこでも見かけることができる」と紹介。もちろん車やバイクに乗って移動する警官もいるため、「決してガソリン代をケチっているわけではない」と論じた。

 中国では治安維持のために警官や武装警察は「畏怖の対象」であることが必要なのだろう。そのため、警官が勤務中に自転車に乗って移動することはないが、動画では「日本の警官は国民に近い存在であると同時に親しみやすいことで知られている」とし、その代表的な存在が交番であると指摘した。

 さらに、日本の交番は人通りの多い場所にあり、24時間365日いつでも社会の治安維持に当たっているとしたほか、中国の警官と異なり、日本の交番勤務の警官は怒鳴ったり、威張り散らしたりはしないと指摘。また、窃盗のような犯罪はもちろん、道案内や酔客の対応などにも真摯に対応してくれると称賛し、比較的範囲の狭い街の治安維持のためには自転車のほうが利便性が高いと指摘、「だからこそ日本では警官が自転車に乗っている姿を目にするのだ」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)