「百聞は一見にしかず」という言葉があるが、これは中国の前漢の時代における趙充国という将軍の言葉だ。人の話を何遍聞くよりも、自分で一度見たほうが深く理解できるという意味であり、日本でも広く使われ、誰もが知る言葉であろう。

 近年は日本を訪れる中国人旅行客が増えているが、訪日を通じて「百聞は一見にしかず」を身をもって実感したという中国人もいるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人旅・・・・

続きを読む