厚生労働省によると、2016年の1年間に生まれた赤ちゃんの数が統計開始以来最少となる98万1000人になる見込みだという。日本の人口は減少の一途をたどっており、今年の総人口は16万人減少し、死亡数が出生数を上回る「自然減」は10年連続となった。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の出生数が減少している問題を取り上げ、「このままでは将来的に日本人はいなくなってしまう」と主張。今後の日・・・・

続きを読む