観光や買い物のために日本を訪れる中国人が増えるにつれ、中国ネット上では「中国はまだまだ日本より立ち遅れている」、「日本に追い付くために日本に学ぶべき」といった声が増えている。中国から日本を訪れることで、日本と中国の社会における「差」を目の当たりにする中国人が増えているためだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が日本人から学ぶべきことは何があるのかと疑問を投げかける記事を掲載し、中国人ネットユーザーたちがコメントを寄せ、議論を交わしている。

 記事に寄せられた意見を見てみると、「まず学ぶべきは、日本人が常に抱く危機感だ」という意見があった。日本は経済が発達し、科学技術力も高いにもかかわらず、「常に強い危機感を持って貪欲に学び続け、さらなる発展を貪欲に求めているが、中国人は虚栄心が強く、他国の先進的な文化を学ぶことを嫌う傾向にある」というコメントが見られた。

 また、日本人の団結力も中国人にとっては見習うべき対象であるとの指摘もあり、「中国人は1人なら龍ほどの力を持つが、3人集まると虫けらほどになってしまう」、「日本人は1人なら虫けらだが、3人集まると龍ほどの力を持つ」という言葉を紹介。この言葉は中国人と日本人の団結力の違いを形容した言葉だが、「中国人は内輪もめと足の引っ張り合いが多すぎる」という意見があった。

 そのほか、日本が四方を海に囲まれ、天然資源にも乏しいというのに「世界有数の経済大国にまで発展した事実を正視すべき」という意見も見られ、その背後には日本人ならではの創造性や勤勉さがあるとのコメントもあった。中国には反日感情を抱いた人が今なお多く存在するが、「中国人が日本人に学ぶべきこと」が存在すること自体は多くの中国人が認めているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)