中国人から見ると、日本人は真面目ではあるものの冷淡であり、排他的な国民に映るようだが、中国メディアの今日頭条は26日、中国人が日本人に抱くこうしたイメージは「正確ではない」と伝え、「日本人は内心は温かみがあり、親しみがあって近づきやすく、友好的」であると論じた。

 記事はまず、中国人が日本人に抱くイメージとして、日本人は「大げさ」であるうえ、「本心を言わない」国民性であり、中国人としては日本人との会話で「真意」が良く分かないというものがあると紹介。

 中国国内であれば確かに「本心を話さず、感情を表に出さない人と友人になるのは到底考えられないこと」だとする一方、現実の日本人は中国人が想像するほど冷たい人間でもなければ、排他的な国民でもないと論じた。

 続けて、若い世代も高齢者も日本人は外国人に対して非常に親切であり、大学生が外国人留学生をサポートしたり、日本を訪れた外国人旅行客を助けたりする日本の高齢者ボランティアもいると紹介。つまり、日本人と中国人の「友好的」に対する概念に差があるだけで、日本人は仕事上では冷淡に見えるかもしれないが、親切さの欠片もないというわけではなく、友好的でないわけでもないと指摘した。

 ただ、日本人と友人になるには「時間」がかかるものだと紹介。日本人はもともと堅苦しく、感情を表に出さない傾向にあるため、短時間ですぐに打ち解けることは難しいと指摘する一方で、時間をかけて交流を深めれば日本人は中国人が想像するほど冷たい人間でもなければ、排他的な国民でもないことがよく分かるはずだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)