小米科技(シャオミ)や華為技術(ファーウェイ)など、中国のスマホメーカーが実力を高めている。もはやスマホ産業は中国のほうが日本をリードしていると言っても過言ではなさそうだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で暮らす中国人の見解として「中国のスマホ市場はもはや日本と比較できないほど発展していることがわかった」と伝え、日本と中国の携帯電話・スマホ市場を比較する記事を掲載した。

 記事は、スマホ本体のデザインや作りについて「日本メーカーの製品よりももはや中国メーカーの製品のほうがはるかに優れている」と伝え、中国にはシャオミやファーウェイのほか、魅族科技(メイズ)、OPPOなどのメーカーがシェア競争でしのぎを削り、競争のなかで製品が洗練されてきていることを指摘した。

 さらに、日本ではキャリアの長期にわたる独占によって携帯電話市場が大きく歪み、国外メーカーは容易に日本市場に参入できなかったと紹介。現在は解消されつつあるが、SIMカードによる縛りがあったうえ、メーカーはキャリアの要求のもとで製品づくりを余儀なくされたため、優れた技術や部品がありながらも世界でシェアを獲得できなかったと論じた。

 また記事は、中国ではスマホに対するプリインストールアプリが問題となっていると紹介する一方、日本ではスマホや携帯電話に不必要なアプリが最初からインストールされていることがごく当たり前であると紹介。プリインストールアプリは削除できないものまであると伝え、こうしたものは消費者を無視した商習慣であるとの見方を示し、「中国のスマホ市場はハード面でもソフト面でも日本より発展している」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)