中国高速鉄道は新幹線の技術が導入されているが、中国では「中国高速鉄道の技術力は新幹線を上回る」といった主張も見受けられる。特に、中国高速鉄道の走行中の車内ではコインすら立ち続けることができることが中国で広く知られるようになって以来、中国高速鉄道の安定性は新幹線を超えるという論調が高まった。

 また、新幹線と中国高速鉄道が各国で高速鉄道建設の受注競争を展開していることは、中国でも広く知られており、中国人ネットユーザーたちにとっても大きな関心事の1つだ。そのため、新幹線と中国高速鉄道のどちらがより優れた高速鉄道システムなのかを比較する報道や記事も多く見られる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、新幹線と中国高速鉄道では「どちらがより優れているのか」を議論する記事を掲載し、中国のネットユーザーたちがそれぞれの意見を寄せている。

 記事に寄せられたコメントを見ると、中国人ネットユーザーたちは「中国高速鉄道の技術は日本やドイツなどから導入されたもの」であることは知っているようだが、あくまでも「正当な手段」で技術を「購入」したと認識しているようで、「中国は国内の市場および外貨と引き換えに日本やドイツ、カナダ、フランスの企業から技術を購入したものだ」という主張が多く見られた。

 さらに、中国高速鉄道は各国の企業から技術を購入し、それぞれの優れた技術を寄せ集めたため「当然、新幹線より優れている」という主張も見られたほか、中国の高速鉄道網が世界最長であることを理由に「運営という経験値においても、中国はもはや日本を上回っている」という主張も多かった。

 走行速度やコストも含め、記事に寄せられたコメントのほとんどは「中国高速鉄道のほうが新幹線より優れている」という意見であり、中国人ネットユーザーたちは自国の高速鉄道に対して揺るぎない自信を抱いているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)