異国の地で生活していると、「どうしてこうなった」と思うような出来事や習慣に出くわすことがある。日本にやって来る中国人観光客や中国人留学生の多くも、日本滞在中に「なぜ」とショックや疑問を抱いた経験をしたに違いない。

 中国メディア・今日頭条は21日、中国人にとっては不思議な、日本に関するトリビアを紹介する記事を掲載した。記事は、日本人からしてみれば当然であり、常識に思える15の事柄について、「中国人には受け入れられない」として紹介している。「受け入れられない」というのはかなりオーバーだが、初めて知って驚く可能性は高いかもしれない。

 まずは「スマホでカメラ撮影する時には必ず音が出る」こと。痴漢や盗撮の事案が多い日本においては納得、としている。続いて、日本ではテレビや電車、インターネットなどにおいてタバコの広告を見ることができない点を挙げた。また、NHKが受信料を徴収するのは、営利目的のCMを流さないためであるとした。さらに、食事を配膳する際、米飯を左手側に、味噌汁を右手側に置く、日本の和尚は結婚することができる、といった点についても紹介している。

 また、日本のビルの窓には赤い逆三角形のマークが表示されている点についても言及。「火災や地震が発生した時に、救援隊員に破壊可能な場所を教える目的のものである」と説明した。この説明に対して、中国ネットユーザーからは「これは人に優しいな」、「わが国でも見習うべき」といった感想が寄せられた。一方で、「そんなことをしたら、泥棒が侵入して物を盗みやすくならないのか」という意見も出た。いかにも集合住宅の1階の窓に鉄格子を嵌める中国らしい考え方だ。

 建築基準法によると、ビルやマンションの窓に逆三角形マークの消防隊進入口を設ける必要があるのは、高さ31メートル以下の3階以上部分。31メートル以上のビルには原則非常用エレベーターの設置が義務付けられており、これ以上の高さならば消防隊はエレベーターを使用することになるからだ。なぜ31メートルかというと、それがはしご車の届く限界の高さだからとのこと。裏を返せば「はしご車で救助する必要のある場所の窓には進入口を設置せよ」ということなのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)