親は自分の子どもが責任感のある大人に成長するよう願うものだが、中国メディアの今日頭条は21日、「なぜ日本の子どもたちは他人の力に頼らずに自らの力で物事を行えるようになるのか」というテーマについて論じる記事を掲載し、この問いかけの答えとして日本人が受ける教育の質の高さを挙げている。

 記事は、現在の中国の多くの親たちは子どもに良い物を与えることを教育の基本方針としていると説明する一方、日本の親たちの考え方はこれと異なっているとし、日本の親たちは子どもが小さな頃から他人の力に頼らずに自らの力で物事を行うよう教えると説明した。

 それゆえに「日本の多くの子どもたちは3-4歳のうちに、すでに自分でご飯を食べられるようになり、自分で靴ひもを結べるようになる」と紹介。一方の中国では、小学生の年齢でも祖母がご飯を口に運んで食べさせる家庭もあることから、いかに日本の子どもが自立しているかよく分かる。

 さらに記事は、日本では学校のトイレを子どもたちが掃除する習慣があると紹介、これにより子どもたちは小さなころから「仕事をする」心を養うことができ、また仕事の苦労も理解できるため、父親と母親がお金を稼ぐ苦労も理解できるようになると説明した。

 記事は結論の部分で、「こうした教育を受ける日本の子どもたちは様々な方面で非常に優秀であり、意志が強く、他人を尊重する」と絶賛。日本のこうした教育を「残忍」と感じるかもしれないが、実際は非常に子どもたちにとって役に立つものと指摘した。

 記事は、中国人が日本の教育を「残忍と感じるかもしれない」と説明しているが、こうした点からも中国の多くの親と日本の親との間に、子どもに対する愛の示し方に大きな違いがあることに気づかされる。しかし子どもを責任感のある大人に成長するよう育てるという点で、日本の教育の考え方は確かに現実的だと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)