年の瀬が近づくと、各家庭で大掃除が行われる。和室のある家では、障子の張替えをすることになる。日本の和室を支える丈夫な障子紙には、日本が長きにわたり培ってきた和紙づくりの技術が凝縮されているのである。中国国際放送局は20日、世界で最も薄いとされる和紙を製造している日本の企業が持つ技術を紹介する記事を掲載した。

 記事は、1000年あまりの製紙技術を持つと言われる高知県で、厚さわずか0.02・・・・

続きを読む