パクリという言葉から中国を連想する人は多いはずだ。中国国内ではありとあらゆる製品の海賊品やコピーが流通しており、パクリと批判されても致し方ないところだが、中国人からすると、中国ばかりが「パクリ」と批判されることが不満のようだ。

 中国メディアの駆動之家はこのほど、中国がパクリと批判される一方、日本の場合はあくまでも「模倣」と形容され、批判されないことが不公平であると主張する一方、日中の違いがどこにあるのかについて比較する記事を掲載した。

 中国では、もはやパクリが当然のことであるかのように繰り返されているが、記事は日本も同じようなものだと主張。かつては中国の唐文化をパクリ、現代では米国のビジネスモデルをパクッていると論じた。

 しかし、日本の場合は「模倣」と呼ばれ、中国のように「パクリ」とは言われない。その理由について「日本は模倣しつつも改善やイノベーションを加えようとする」ことが中国とは異なると分析した。それによって完全なるコピーではなくなり、改善が加えられることで批判されなくなるのだと論じた。

 一方で記事は中国にもパクリではなく、イノベーションを加えることで成功した模倣例があると紹介。その代表が中国最大のショッピングWEBサイトを運営するアリババだ。アリババは「商業施設運営」と「メディア」という異なる2つの業界からヒントを得て、模倣し成功を収めたという。つまり、いかにして出店者を募り、広告で収入を確保するかというビジネスモデルだ。この点でアリババは、ただのパクリではなく、2つの異なる業界の方法を模倣して結合することで大きな成功を収めたのであり、日本式の模倣と似ていると論じた。

 記事はこのように、イノベーションを加える日本の「模倣」を高く評価する一方で、アリババのように単なるパクリではなく、模倣からオリジナルの方法を生み出すような企業が増えれば、中国も「パクリ大国」とは言われなくなると主張しているが、中国の現状を見る限り、他国や他社が成功したものをそのままパクるケースがあまりに多く、パクリ大国の汚名脱却にはまだまだ時間がかかると言わざるを得ない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)