初めて日本を訪れた中国人旅行客の多くは、日本国内の清潔さに驚く。空港に降り立った瞬間に空気のきれいさに驚き、空港から宿泊施設までの道中で日本には中国と違ってゴミが散乱していないことを知る。

 日本の清潔さに中国人が大きな驚きを覚えるということは、逆に言えば中国ではそれだけゴミが散乱し、日本では当たり前の清掃や整理整頓があまり行われていないことを示すと言えよう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内の日系工場は「非常に清潔で、整理整頓が行われている」と伝え、たとえ中国国内で中国人が働く工場であっても経営母体が日本企業であれば清潔な環境を実現できると紹介している。

 記事は、複数の写真を掲載しつつ、広東省深セン市にあるという日系の工場を紹介。写真を見ると、工場の敷地内にはタバコの灰皿とベンチが設置されており、灰皿は綺麗に掃除されており、タバコの吸い殻がポイ捨てされているような光景は一切見られない。確かに中国の基準から見ると非常に清潔だ。

 また、駐車場の写真でもゴミ1つ落ちていないのが確認できる。工場を訪れる取引先の関係者も使用する駐車場は会社にとっては目立たなくとも重要な場所だと言える。ゴミが散乱していたり、仕事とは関係のない物が放置されていたりすれば、会社に対する印象は悪くなってしまいがちだ。駐車場という一見利益を生まなそうな場所にまでしっかりと気を配っている様子はさすが日系企業といったところだろう。

 そのほか記事は、工場内部の様子も写真で紹介しているが、どの場所も整理整頓がなされており、非常に清潔だ。日本を訪れた中国人は「日本は非常に清潔だ」と驚くが、たとえ中国国内であっても経営母体が日本企業であれば清潔な環境を実現できることがよく分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)