日本トラック協会のデータによると、日本国内で昨年1年間に発生した事業用トラックの死亡事故件数は308件だった。2000年時点では759件であり、15年間で約60%減少したことになる。死亡事故ゼロが目標であることは言うまでもないが、これだけ死亡事故件数が減ったのは、業界や社会の安全対策が一定の効果をあげていることの表れと言えるだろう。

 中国メディア・駆動之家は12日、「日本の大型トラック、ある設計によって死亡率が大きく下がった」とする記事を掲載した。記事は、「しばしば交通事故に関するニュースを目にする。そして事故の多数は大型トラックと関係があり、大型トラックは多くの人の目に『道路にお・・・・

続きを読む