中国の新疆ウイグル自治区で8日、マグニチュード(M)6.1の地震が発生した。新疆では11月末にもM6.5の地震が発生しており、相次いで発生した地震によって被災地では不安が高まっているようだ。

 日本が地震が頻発する国であることは中国でも広く知られており、新疆ウイグル自治区で地震が相次いで発生したことで日本の防災、減災といった地震対策についての関心も高まっている。

 中・・・・

続きを読む