中国在住の日本人の多くが肌で感じる日中間の大きな違いの1つは、日本人と中国人の歴史問題に対する見方であろう。中国メディアの駐馬店広視網は5日、歴史問題についての「日本人の考え方」について説明する記事を掲載した。

 記事は歴史問題に対する「日本人の考え方」を4つの要点に分けて説明。1つ目の要点は、過去に中国を侵略した民族や国家のなかで、中国人が日本に対してだけ反感を抱くのはおかしいという考え方だ。中国は確かにアヘン戦争などで英国にも侵略されているが、中国人が英国を激しく憎んでいるというのはあまり耳にしない。

 続けて、2つ目の要点は、もし日本が中国に侵攻しなかったら・・・・

続きを読む