中国では「日系車と中国車の品質には圧倒的な差がある」という論調の報道は少なくない。特に信頼性における差は非常に大きいという見方は多いが、中国メディアの今日頭条は2日、日本の街を走る日本車を見るたびに、中国車に対して「何とも言えない恥ずかしさを感じる」と論じる写真記事を掲載した。

 記事はまず、中国の街中では合弁メーカーの自動車がたくさん走っており、特に日系車を見かける機会が多いことを伝える一方で、「中国車は歓迎されず、人びとのそばを走り抜けるたびに軽蔑の視線を浴びる」と説明した。

 中国車の販売は近年好調ではあるものの、メンツを重視する中国人からは「中国車ではメンツが立たない」という意見も多く、軽蔑の視線という表現は、中国人の中国車に対する意識が現れていると言えるだろう。

 続けて記事は、「中国国内ではいつも海外ブランドが信奉される」のに対して、日本において最も歓迎されるのは日本車であると指摘、そのなかでも特に経済的な軽自動車はさらに人気があると説明した。さらに、日本で生産される自動車は中国の日系車よりもかなり品質が良いと主張、日本の路上ではかなり古いモデルの日本車を見かけることができ、年季の入っていても走ることができるのは「その証拠」と説明した。

 記事が中国車に対して「何とも言えない恥ずかしさを感じる」のは、日本では日本車が国民から大きな支持を得ているのに対して、中国車は中国国民から「軽蔑のまなざしを受ける」からに他ならない。中国車が中国国民から支持されるためには品質向上やブランド構築など、やるべきことは山のようにあり、途方もなく長い道のりとなりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)