中国では日本に対して反感を持つ人びとがいるが、実際には反日感情は抱いていないものの、親日的な発言をすると周囲から批判される可能性があるため、表面上は反日を装っている人もいるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「ネット上で日本を罵る中国人がいるのは確かだが、彼らは実際には日本へ旅行に出かけるなどしている」と主張する記事を掲載した。

 記事は、ある中国人ネットユーザーの見解として「日本の話題になると激昂して、日本をひどく罵る中国人ですら、実際には日本に旅行に出かけている」と伝え、表面上は反日を装う中国人たちの日本に対する本心は果たしてどのようなものなのか、ほかのネットユーザーたちに答えを求めている。

 記事には、多くのユーザーからコメントが寄せられており、なかには「日本人を罵ることと日本旅行に行くこととは全く別の事柄だ」と主張する意見があった。日本が嫌いだというのは本心だが「日本経済がこれほど強大で、科学技術がこれほど発達し、匠の精神がこれほどしっかり根付いており、国民の幸福度がこれほど高いのか、なぜ日本がこれほど多くの奇跡を成し遂げたのか、日本に行って確かめただけではないか」というコメントが見られた。

 一方、別のネットユーザーからは「日本での生活を体験したことで、日本に対する見方を完全に変えた友人がいる」という意見も寄せられた。同ユーザーによれば、反日主義だったという友人は自分で直接観察した日本と、教師たちによる仇日教育はまったく違っていたと指摘、「最も誠実で最も責任感のある国は日本だ」と主張した。

 また別のネットユーザーは、「日本政府と軍国主義は嫌いだが日本の国民に対しては、ほんの少しも反感を抱いていない。日本には中国が学ぶに値する優秀なものが数多くある」という回答を寄せている。これらの回答からは日本を罵る一方で日本旅行に出かける中国人たちの考え方が示されているが、間違いなく言えるのは、日本には反日感情を抱く中国人さえ引きつける非常に強力な魅力があるという点だろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)