優秀な外国の人材を呼び込むことを目的に、日本政府は永住権を申請するうえで必要な滞在期間を最短1年に短縮する方針だと報じられたことについて、中国メディアの観察者は26日、「日本版のグリーンカード取得のハードルが大幅に低下することになる」と期待を示した。

 記事は、日本で学ぶ留学生の間でも永住権取得に関する日本政府の方針が直ちに広まったと伝えつつ、「本来であれば日本に長期間にわたって滞在していなければ取得できなかった永住権が直ちに取得できる可能性が出てきた」と紹介。

 法務省によれば、現行の制度のもとで外国人が日本の永住権を取得するためには「引き続き10年以上、日本に・・・・

続きを読む