中国には歴史問題から日本を憎む人がいる一方で、現代の日本に理解を示す人も数多く存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、偏見に基づいて日本を憎むのではなく、まず日本のことを理解する努力を払うべきだと提言し、特に日本の教育の優れた部分について理解すべきだと主張した。

 記事は「日本人は幼少期の教育を特に重視している」と指摘、「なぜなら彼らは子どもが3歳になる前の時期の教育が、非常に重要で・・・・

続きを読む