1980年の改革開放以降、中国は著しい経済成長を実現している。ここ数年は経済成長率が低下してきているものの、それでも6-7%という経済成長率を維持しており、低迷にあえぐ日本とは対照的だ。

 そのため、中国国内では中国経済に対しては「急激な成長」、また日本経済に対しては「低迷」という言葉がしばしば用いられるが、中国では「中国経済は今なお日本経済には及ばない」といった論調の報道も多く見られる・・・・

続きを読む