反日感情を抱きつつも、日本を訪れたことをきっかけに対日観が一変したという中国人は少なくない。なかには、嫌いだった日本が「好きになってしまった」という中国人もいるようだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が日本を好きになる理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、「日本を訪れたことのある中国人は誰もが日本を好きになってしまう」と伝えつつ、その理由を考察。まず1つ目に挙げたのは「日本の清潔さと日本人の親切さ」だ。特に「日本人は他人に迷惑をかけることを嫌う一方で、他人に対しては非常に親切」だと称賛し、助けを求めている人には手を貸すことを厭わないと論じた。

 次に、日本の治安の良さを挙げ、「日本では路上でスリなど窃盗の被害に遭うことを警戒する必要がない」ため、気楽だと紹介。電車内で安心して寝ることができるのも、日本ならではだと指摘した。さらに、日本社会の「秩序」も中国人が日本を好きになる理由の1つだとし、「日本は買い物でもトイレでも、誰もが静かに列を作り、割り込みなどのトラブルは起きない」と指摘した。

 そのほか、安心して口にすることができる美味しい食べ物、快適で質の高い医療サービスなど、「暮らしやすさ」も日本の魅力であると同時に、中国人からすれば「日本を好きになる理由」であると指摘。こうした魅力を味わってしまうと、反日感情を抱いていても、日本を好きになってしまうことを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)