日本やドイツには世界に認められる自動車メーカーが存在し、世界で愛される名車も存在するが、中国には世界に通用する自動車メーカーはいまだ存在しない。中国メディアの北京時間はこのほど、中国が世界に認められる自動車を製造できないのはなぜかと疑問を投げかける記事を掲載している。

 記事は問いかけに対する答えは、「中国の機械加工のレベルが低いことが原因である」と説明。自動車エンジニアがその設計を具現化するには最新の機械加工設備が不可欠だが、中国には自動車エンジニアの設計を具現化できる最新の機械加工設備がないと指摘した。

 続けて、中国経済が抱える根本的な問題として、中国人は不動産やITなどの産業を好む傾向があり、製造業という国家経済を真に支える産業を軽んじる風潮があると指摘。また、中国の大学生から見ても、日本の大学生が持つ知識と技術力の水準は「驚くだけでなく、心からの恐怖を感じるほど高い」と紹介し、製造業を担う人材を育てるという点においても、日本と中国の教育水準には大きな差があると指摘。

 さらに、こうした差の積み重ねが「世界に認められる自動車を製造できる日本と、できない中国」という現実につながっていると論じた。

 記事は製造業の重要性を認識しており、これを重要視するか、軽視するかは国家の力関係に必ず影響するという見方も示している。確かに米国やドイツ、日本など国内総生産(GDP)で上位の国はいずれも製造業が強い国であり、同時に自動車産業も強い国だ。中国は製造業の高度化に向けた構想を打ち出しているが、中国が世界に認められる自動車を製造できた時、高度化も実現できたと言えるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)