今月8日に福岡市博多区の博多駅前で発生した大規模な道路の陥没事故は、わずか1週間というスピードで全面復旧を果たし、国内外から注目を集めた。しかし、26日未明に現場の路面が沈下していることが報じられ、今度は「大丈夫なのか」との声が出ている。

 台湾メディア・中国時報電子版は26日、「日本の効率神話がパンチを食らった? 博多駅前の道路が再沈下」としてこの件について報じた。記事は、同駅前の大通・・・・

続きを読む